読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対防御アーティラリーマン!~お前が弾になるんだよ!~

ってなわけで早速デッキレシピ!

 

発売直後ですしマイフェイバリットクランのペイルムーンをご紹介

 

f:id:irohasu5656:20170316232644j:plain

G4

・《獣花の大奇術 プラーナ》1

・《終演を告げる者 メフィスト》4

・《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》2

・《異界の大奇術 フェアフィールド》1

・《仮面の神竜使い ハリー》1

・《夢踊る彩翼 ミルワード》1

・《エアーエレメント シブリーズ》1

・《鎖鋸の大奇術 ファーニバル》1

・《道化魔竜 ワンダリング・ドラゴン》2

・《愛満ちる幻道化 マーヤ》2

 

G3 6枚

・《アーティラリーマン》4

・《仮面の奇術師 ハリー》2

G2 11枚

・《運命の配り手 ジャクリーン》2

・《ドリーミング・ペガサス》1

・《ヘルズゲート・マジシャン》1

・《アースエレメント・ポックル》1

・《フライング・ペリュトン》4

・《夜空の舞姫》2

G1 15枚

・《エッグ・ジャグラー》1

・《マスカレード・バニー》3

・《月光の旋律使い ベティ》4

・《パープル・トラピージスト》3

・《フープ・マスター》4

G0 2枚

・《長靴をはいたキャットナイト》1

・《ハピネス・コレクター》1

トリガー 16枚

・《銀の茨 バーキング・ドラゴン》2

・《銀の茨のお手伝い ディクシー》4

・《鏡の国のいたずらっ娘》4

・《スカイハイ・ウォーカー》2

・《銀の茨のお手玉師 ナディア》4

 

現状こんな感じで回しております。

まだまだ調整中でしてもっとなにかできないか日々精進しております。

 

勝ち筋としては

・ベティをソウルに貯めてメフィストに乗り21000での連パン

これを目標に動いていきます。

 

・初手超越にあまり強力なユニットがいないので初手はメフェイストに乗ることが多いです。メフィストメフィストを表にする→これで次のターンに同じことをすればすべてのユニットが常時プラス3000となるのでこれを利用しペリュトンとベティを使用しての連続アタックするのがかなり強力な攻撃になります。

勝ち筋としては強力ですがやる為の下準備が非常に大変です。

1.ベティをソウルに貯める

ソウルのベティの枚数は連続アタックの回数に直結する非常に重要な要素になります。

f:id:irohasu5656:20170315234037j:plain

このカードの強いところはグランブルーのネグロボーンと違い名称に指定がないことです。なので、ハリーじゃなくても使用することが可能です。

そしてこのカードを活かすのが

 

f:id:irohasu5656:20170315234406j:plain

このアド取りまくりの優秀なカードです。 

このカードをベティで出し入れしソウルのベティをコールするだけで21000ラインが復活します。ダメージに余裕がない状態なら余程硬いクランじゃなければ防げないでしょう。

ですが、このコンボはソウルにカードを貯める必要があるので非常に運が絡みます。

舞姫やペリュトン効果、ペガサスの効果を使用して早く貯めるように動いていきます。

 

でも、いくら早く貯めると言っても相手にやられてしまっては意味がありません。だからこそのこのカード!

f:id:irohasu5656:20170316232644j:plain

このカードのすごいところは相手ターン中にリアガードをソウルに入れることができれば相手のユニットを焼き、さらにはパンプすることが可能という攻防一体の効果を発揮するのです。このカードを活かすには

f:id:irohasu5656:20170316233249j:plain

このカードの出番です。

このカードを使用しパープル・トラピージストをコールし場にいるカードをソウルに入れる事でアーティラリーマンの効果が発動します。

場にカードがいなくてもペリュトンを経由することでも可能となります。

このカードを利用し防御を固めている間にソウルにベティを貯め上記のコンボで勝つことがこのデッキのコンセプトになります。

 

ですが、ここまではラミラビが発売する前から可能でした。

このデッキの一番の問題はフープ・マスターがソウル、ダメに落ちて使用不能になる手札に持ってこれない点が一番の問題でした。

 

そこで登場したのが

f:id:irohasu5656:20170317234711j:plain

このカードです。

今までソウルに入ってしまったフープ・マスターはアーティの弾にするくらいしかありませんでしたがこのカードの登場でソウルに入ったフープマスターの効果が使用可能となりました。おかげで発動機会がかなり増えました。

 

それに伴いソウルにカードを送りこむ為にハピネスコレクターも採用しております。

  

対ギアクロ・・・フィニッシュ時にベティの列を2列作る等して対応すればそこそこ勝てます。連パンについてもフープが発動すればVのパワーがあがるのでほとんど止まりますしワタルが1枚規制になってアドも稼ぎにくくなっているのでそこそこです。

 

グラブル・・・ここが鬼門ですが準備が整っても安心できないのがグラブルです。まずベティペリュトンを2列作る。これで焼かれても安心です。グラブル相手ではこちらのアドを稼ぎつつ立ち回る必要があります。ハピネス等を利用しアド稼ぎしながら手札にフープを引き込んでギリギリ。もしくは超越2回目で削りきるかの2択になります。序盤で準備が無理そうならハピネスをソウルに引き込んでの延命。ベティを複数枚にソウルに引き込んで連続攻撃。

 

ソウルにカードを入れる都合上、運が非常に絡む上に序盤は非常に弱いのが鬼門です。

後半になれば盤面を手札を使わずにかつアドを稼げる為、初回超越をすぎた後はかなりの安定感があります。

 

 まだまだ調整中ですが参考になれば幸いです。